member
tuna.be


new entries
categories
recent comments
counter
ブログパーツUL5
archives
recommend
recommend
捨てない主義で「布」生活 (地球を汚さないシリーズ)
捨てない主義で「布」生活 (地球を汚さないシリーズ) (JUGEMレビュー »)

とことん、布を使い切る。
その姿勢がたくましくステキ♪真似をしたいものです。

さいたま市図書館
recommend
普通の国になりましょう
普通の国になりましょう (JUGEMレビュー »)
C.ダグラス・ラミス
とてもわかりやすいです。
小学校5年生から読めるようにふりがなをふってあります。

さいたま市図書館
recommend
放射能で首都圏消滅―誰も知らない震災対策
放射能で首都圏消滅―誰も知らない震災対策 (JUGEMレビュー »)
古長谷 稔,食品と暮らしの安全基金
もし、浜岡で原発震災が起こったら.....対策が書かれているので具体的なイメージが持てる有用な書です。

さいたま市図書館
recommend
ふみさんの自分で治す草と野菜の常備薬
ふみさんの自分で治す草と野菜の常備薬 (JUGEMレビュー »)
一条 ふみ
民間療法の智恵が詰まっています。
即効性はないけれど、毎日の生活に野草の力を取り入れて未病を防ぎたいもの。
身近な野菜、野草は干したり漬けたりして常備しておきたい。

さいたま市図書館
recommend
素敵な節約!―オシャレで無理なく生活できる
素敵な節約!―オシャレで無理なく生活できる (JUGEMレビュー »)
小若 順一,食品と暮らしの安全基金
「地球に優しい商品」などの企業の宣伝に惑わされないために。

さいたま市図書館
book shelf


otomodachi
stop rokkasho
links
shop list
recent trackback
nyokkiri
others
sponsored links

robamimi*blog

憧れは、こどもの頃の祖母の暮らし
環境のことをもっと井戸端でお話しましょ♪
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | このページを行き先登録
ダンボールコンポスト....その後

最初の2週間くらい家の中で発酵温度が上がるのを待っていた間に、
わが家のチビ怪獣どもに、ダンボールは半壊状態にさせられ.....、
そのまま外に出しました。

なかなか発酵温度が上がらず、それでものろのろ分解されていた模様。
20度くらいの低空飛行でキープしたまま、春になりました。

で、

とうぜん、蛆が湧きました。

これって微生物ではなくて蛆が分解している?!
それもいいかもしれないけど、
やっぱり、このままハエになってぶんぶん飛び回るようになったら
かなりの顰蹙モンよね〜。

ということで、
たまたまあった発泡スチロールの箱に移すことにしました。
とりあえず、1日蓋をきっちり閉めて密閉。
蛆&ハエは全滅。

ダンボールを作り直す間、生ゴミさんはこちらに入っていてもらうことにします。
蓋はハエが卵を産み付けない程度に乗せておくことにします。
| ごみ | 07:12 | comments(0) | trackbacks(0) | このページを行き先登録
買わなくなったもの・5 【餃子の皮】

買わなくなったもの、.....と言いたいところだけれど、初挑戦です。

中国の事件があったから、と言うわけでもなく、
うちはいつも餃子は皮を買ってきて家で作ります。
ところが今日は餃子を皮から作りました!

餃子の皮の包装ゴミを減らしてもたいした減量にならないけれど、
家族でわいわい作って楽しみながら、ちっちゃいことでも取り組みます♪



パパさん&ムスメががんばります。
私は具を担当。
ムスメ、意外と包むのも上手です。

皮の薄さを均一にするのがむつかしそうです。
大きな皮になっちゃいました。



ずいぶん大きめ餃子になりましたが、やればできるものです。拍手
パパをその気にさせて日曜日のメニューにするといいですね♪
お味も美味しい〜〜〜。
家族みんなでやると楽しいです。
慣れれば簡単かも♪

*********************************
参考にした本です。↓

子どもがつくる旬の料理〈2〉秋・冬―素材を感じる「食育」レシピ
子どもがつくる旬の料理〈2〉秋・冬―素材を感じる「食育」レシピ
坂本 広子
| ごみ | 21:06 | comments(2) | trackbacks(0) | このページを行き先登録
うらやましいコンポスト
ダンナさんの大学時代の友人のK原家から、
いつも1月の末に年賀状代わりの通信をいただいています。
Iターン就職をして鳥取に住んでいる生き物大好き家族のお便りを、
毎年ひそかに楽しみにしています。ありがとうございます〜ハート大小

その中で一年の家族の様子を4コマ(たまに8コマ)漫画で奥サマが描いてらっしゃるのですが、
今年は「生ゴミゼロ」の漫画があり、
裏庭に生ゴミ用の穴を6つ掘って、生ゴミを土に返しているようです。
ひとつの穴の大きさは50cm×60cm×90cm(深さ)だそうです。
すばらしい〜!
まねしたくてもできないけれど....悲しい
やっぱり家や庭が広くないとできないこともありますね。
| ごみ | 10:49 | comments(4) | trackbacks(0) | このページを行き先登録
ダンボールコンポスト、始めました。
コンポスト外側
ダンボールを組み立てて、蓋も作ってあったんだけれど、
なかなか「もみ殻くん炭」が手に入らず、保留状態だったコンポスト。
ちょっと遠出して園芸屋さんを覗いたらくん炭がありました。
ピートモスもくん炭も10リットルで480円くらいの予算だったんだけれど、
どちらも4リットル入りしかなくちょっと割高になってしまいました。
ピートモス(@231円)8リットルで462円、
くん炭(@262円)8リットルで524円で購入。

というわけで、ついに始めました。
微生物が活発になるまでは室内に置いた方がよさそうです。
毎日、少しずつ生ゴミを投入します。
これ全部ゴミにしたら苦労が水の泡。
ゴミを増やしてしまったことになります。
でも、気合を入れすぎないで楽しみながらがんばります。
コンポストの中

堆肥ができたらわが家のベランダ菜園に還元するか、
じいじの市民農園に引き取ってもらいます♪

参考にしたのは、下記のサイトです。
循環ネットワーク北海道
循環型の生活を始めよう ・・・・・ ダンボールコンポスト
| ごみ | 19:06 | comments(0) | trackbacks(0) | このページを行き先登録
コーヒー殻
コーヒー殻
転んでもタダでは起きない、をモットーに。
新聞屋さんから頂いちゃったドリップコーヒーは飲んで乾かした後、
これまたもったいないモロゾフのプリンカップに差し込んで、
冷蔵庫の脱臭剤になってもらいます。

その後ダンボールコンポストにいれるかどうかはただいま思案中....
いやね、ダンボールコンポストの箱を作ったはいいけれど、
意外と基材のもみ殻くん炭が手に入らなくてまだまだコンポスト生活に踏み切れていないのです。

隣りの隣りの駅にあるホームセンターまでがんばって自転車こいで買ってくるか、
どなたかお近くでダンボールコンポストを始めよう!って方いらっしゃったら、
一緒にとりまとめて通販しましょうか??いるかな〜???ひやひや
| ごみ | 21:47 | comments(0) | trackbacks(0) | このページを行き先登録
新聞屋さん
昨日、雨だったのでみなさん家にいらっしゃるからなんて言って新聞屋さんが営業にきました。

暮れに一度きた時はびっくりするほどサービスしますから!と
なにやら大量にものを置いていこうとするので、
洗剤は生協で石けんを買っているし、他のじゃイヤだし、
ゴミが増えるからモノは要らない、と丁重にお断りしたのだけれど、
しつこいのでキッチンペーパーだけいただいて、
「モノは要らない?困ったなぁ。。。困ったなぁ。。。」
とその時は帰って行った。

今回もお断りしようと思ったのだけれど、
ドリップ珈琲1箱とディズニーのカレンダーと、
伊勢丹ブランドのいい洗剤だから、
要らなかったら人にあげてと「アチーブ」という洗剤を5箱、
生協でいい油を買っているので、
ヘンにいじった油はダイエットによくても混ぜたくないと言ったら、
これも人にあげてと「エコナ」という油3本入り1箱、
東北訛りの人の良さそうなおじちゃんだったこともあって、
こどもが泣いていたこともあって、
受け取ってしまいました。........弱い私。
チラシが多くてイヤだから埼玉新聞を取っていると言ったら、
チラシ抜きができるそうで、ではぜひそれでとお願いしました。

しかし、なぜ新聞を購読するというだけでこれだけ大量の(びっくりするほどの)モノをいただけるのだろう。
何かおかしい。

アチーブとエコナをご希望のご近所の方いましたら、ぜひもらってやってください。
アチーブは合成洗剤ですが蛍光増白剤は入っていないようなので、生成りのものも洗えそうです。おすすめのものを差し上げるのではなくてごめんなさい。

そして、読売新聞はチラシなしで購読できるようですよ〜。他の新聞もそうかも。
古紙回収に出せるとはいえ、インクを落とすのに漂白剤を使えば水を汚します。
そして何より、紙を生産するときに電気をたくさん使います。
不要の方はぜひ不要と言いましょう〜♪
スーパー・百貨店のチラシだけ入れるということもできるようです。
| ごみ | 02:32 | comments(2) | trackbacks(0) | このページを行き先登録
松の力
ubakosmetikさんでエコブランチさんの松の力という洗剤の存在を知りました。

なんかややこしくなっちゃった。

ubakosmetikさんは洗剤を紹介する記事が載っているブログで
エコブランチさんが洗剤の会社です。

うちも洗濯機置き場がベランダなのでお風呂の残り湯を運ぶのも困難だし、
特にこんな寒い季節は石けんの溶け残りが気になります。
パルシステムの液体石けんを使ってるんですが、
溶け残りが糸くずフィルタに固形の石けんの状態で入っているのです。豚
今は液体石けんを半量にしてアルカリウォッシュを20cc足して洗濯しています。

それに同じ容器に詰め替えてくれるところがポイント高いです。拍手
容器、もったいないもんね。

だけど、輸送にもエネルギーを使うので輸送コストが気になります。
なので、近くに販売所があればいいなぁとお問い合わせをしたら、
下記で取り扱っているようです。
残念ながらウチは近くないのでまだ購入は見合わせたいと思います。


○オーガニックナチュラル Cafe 穀’s
 東京都板橋区赤塚2-9-16
  03-3930-3740

○OHANA CAFE(オハナカフェ)
 東京都練馬区豊玉北5-20-4-2F
  03-3994-9890

○オフィス 七菜(宅配)
 東京都世田谷区桜上水4-1-6-502
 03-3303-9850

○スローウォーターカフェ
 東京都江東区亀戸1-18-14-401
 (090)1362-0189(トージバ渡邉)
 予めお電話お願いします

○パオ(作業所)
 東京都八王子市田町4-4
 0426-55-2844

○野菜販売所「野菜と暮らそう!」
 群馬県高崎市北原町25-3
 027-373-8345

もうひとつの洗剤、がんこ本舗さんの「海へ...」も気になるなぁ。。。
| ごみ | 02:35 | comments(2) | trackbacks(0) | このページを行き先登録
買わなくなったもの・4 【化粧水】
昨夏の猛暑でこどもが汗疹だらけになりました。
市販のあせもローションをつけてもよくならないし、
マメにシャワーを浴びるようにしてもあまり効果がなかったので、
自分でびわの葉ローションを作ることにしました。
桃の葉も効くらしいので、手に入ったらぜひ。

焼酎にびわ茶を漬けるだけ。
これを水で割ってローションに。
びわ茶でなくてびわの葉で作ってもいいデスヨ。ラッキー

作り方はのんびり自然育児さんからいただきました。
-------------------------------------------
作り方
“琶の葉の裏側に生えている細かい毛をふきんで拭くなどしてきれいに取る
∪ってよく乾かす。
1cm四方程度にカットした葉を35度のアルコール(焼酎、ホワイトリカーなど)にひたひたにつける。
い任あがったエキスを5〜10倍程度に水で薄めて使う。
-------------------------------------------
半年ほどで使えるようです。
もうすぐ大寒なので、庭に枇杷の木などがあって摘める方はこの時季に摘んだ方がよいようです。ウィンク


ウチの自治体は化粧品のビンもプラスチックゴミには出せないので、
だったら詰替え用があれば、ぜひ詰め替え用を買った方がいいし、
作れるものは買わない方がいいもんね。
(もっとも食品包装プラスチックが本当にリサイクルされているのか、
また、資源的に有効な活用になっているのかも疑問だけれど...。)
| ごみ | 14:40 | comments(0) | trackbacks(0) | このページを行き先登録
買わなくなったもの・3 【ホットケーキミックス】
包装ゴミを減らそうという思いから、ホットケーキミックスも買わなくなった。
自分で配合すれば特別ホットケーキ専用の粉は要らないもんね。

本棚からホットケーキのレシピを引っ張り出してきて作っていたんだけれどヨーグルトを125cc使うレシピなのでヨーグルトがない時不便だった。
そんな時ちょうど、以心伝心?!
はるやんのママに美味しいよ〜って、小嶋ルミさんのホットケーキのレシピをもらったのでした。

朝日新聞の切り抜きのコピーでしたが、Webにもあったので載せときます。鳥
http://www.asahi.com/food/column/oishisa/TKY200704110203.html

-------
レシピ 【材料】(3枚分)

A(薄力粉100グラム、ベーキングパウダー5グラム、上白糖30グラム)
B(卵=殻を除いて60グラム、牛乳70グラム、バター=レンジか湯せんで溶かしたもの20グラム)

(1)Aをまとめてふるいにかけ、ボウルに入れる。
(2)Bを別のボウルに入れて、よく混ぜる。
(3)AにBを加え、泡立て器でボウルの中心からぐるぐると、粉気がなくなるまで混ぜる。
(4)フライパンにバター(分量外)を溶かし、ペーパータオルなどで薄く伸ばす。
(5)生地の3分の1を玉じゃくしでフライパンに流し入れる。弱めの中火で焼き、裏側がきつね色になり表側の周囲がやや乾燥してきたら、ひっくり返す。もう片側にも焼き目がついたら火から降ろす。続けて2枚焼く。
| ごみ | 14:34 | comments(0) | trackbacks(0) | このページを行き先登録
買わなくなったもの・2 【ドレッシング】
飲料のペットボトルを買わなくなってから気になったのがドレッシングボトル。
油の入っていたプラスチック容器は自治体でも、燃えるごみ扱い。
ほんとに使い捨てだな〜、と反省。

そういえば、結婚して初めの頃はドレッシングも作っていたなぁ。

油分と塩気と酸味を混ぜればいいんだから、
一番カンタンなのはポン酢にごま油(なければ普通のサラダ油)。
小鉢に入れてお匙でかき混ぜてだーっとかけちゃう。
もんだいナシ!

何回も使えばもったいなくないかな、と
アクリル製のドレッシングボトルを買ってみたんだけれど、
洗う時にお湯をかけたら割れちゃった。しょんぼり

なので、やっぱり小鉢でいいや。
新鮮な方がいいに決まってるし。使いきり分だけ作る。
ちょっと時間のある時はレモンを絞ったり、
玉ねぎを刻んだりすればいいんだもんね♪

美味しいドレッシングレシピのある方、教えてくだサイるんるん
| ごみ | 02:32 | comments(0) | trackbacks(0) | このページを行き先登録