member
tuna.be


new entries
categories
recent comments
counter
ブログパーツUL5
archives
recommend
recommend
捨てない主義で「布」生活 (地球を汚さないシリーズ)
捨てない主義で「布」生活 (地球を汚さないシリーズ) (JUGEMレビュー »)

とことん、布を使い切る。
その姿勢がたくましくステキ♪真似をしたいものです。

さいたま市図書館
recommend
普通の国になりましょう
普通の国になりましょう (JUGEMレビュー »)
C.ダグラス・ラミス
とてもわかりやすいです。
小学校5年生から読めるようにふりがなをふってあります。

さいたま市図書館
recommend
放射能で首都圏消滅―誰も知らない震災対策
放射能で首都圏消滅―誰も知らない震災対策 (JUGEMレビュー »)
古長谷 稔,食品と暮らしの安全基金
もし、浜岡で原発震災が起こったら.....対策が書かれているので具体的なイメージが持てる有用な書です。

さいたま市図書館
recommend
ふみさんの自分で治す草と野菜の常備薬
ふみさんの自分で治す草と野菜の常備薬 (JUGEMレビュー »)
一条 ふみ
民間療法の智恵が詰まっています。
即効性はないけれど、毎日の生活に野草の力を取り入れて未病を防ぎたいもの。
身近な野菜、野草は干したり漬けたりして常備しておきたい。

さいたま市図書館
recommend
素敵な節約!―オシャレで無理なく生活できる
素敵な節約!―オシャレで無理なく生活できる (JUGEMレビュー »)
小若 順一,食品と暮らしの安全基金
「地球に優しい商品」などの企業の宣伝に惑わされないために。

さいたま市図書館
book shelf


otomodachi
stop rokkasho
links
shop list
recent trackback
nyokkiri
others
sponsored links

robamimi*blog

憧れは、こどもの頃の祖母の暮らし
環境のことをもっと井戸端でお話しましょ♪
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | このページを行き先登録
ブログについて
半分は備忘録として。
半分は広義のご近所ママとの井戸端用になればと考えています。
公園ではなかなかできない子育て以外の話もしましょう。イヒヒ
もちろん公園でもお話しましょう。
どんどんリアルツナをつかまえて話かけてください♪

どんなに自分が正しくても、強要しない(自戒を込めて)
どんなに間違って見えても、バッシングはなし(自戒を込めて)です。ウィンク
こういうのもあるよ、とか
こっちの方がいいよ、とか
こういう言い方の方がいいよ、とか
どんなご意見もお気軽にコメントください。わーい

私もこれってどうなの?とか
知ってる人教えて〜?って聞きますので、
ぜひコメントください。

がんばって!、とかはナシです。ポロリ
環境問題は私ひとりではがんばれません。
各家庭で事情は異なり、できることも違うでしょう。
みんなで少しずつできることをがんばりましょう。おはな

また、このブログに記事を書いてみたい方も募集中〜!
IDを発行すれば、複数で書き込める(たぶん)はずですので、
お気軽に参加表明してくださいね。楽しい

********************
このブログを作ろうと思ったきっかけの本です。
家庭でのエコアイディアのたくさん詰まった本です。
とことん無駄にしない!
そういうことが当たり前に、常識になってくるといいな。
ご近所の方はこの本を貸し出しできます♪
お気軽に声かけてくださいね。

台所サバイバル―モノの命とトコトン付き合う
台所サバイバル―モノの命とトコトン付き合う
| おしらせ | 15:41 | comments(0) | trackbacks(0) | このページを行き先登録
あけましておめでとうございます。
三つ葉
今年の抱負。

いつも三日坊主だったブログ、
がんばって更新していきたいと思います。

あと、ダンボールコンポストに挑戦します。
生ゴミ0(ゼロ)を目指します。

市販の三つ葉の残った根っこをスポンジごと鉢に植えておいたら、
芽が出てきました。
うれしい〜ハート大小
ベランダガーデニングを楽しみます。
| おしらせ | 15:37 | comments(2) | trackbacks(0) | このページを行き先登録
はじめに
こども
こどもが生まれて、
この子たちが生きていく未来の環境に目を向けるようになって、
なんだか酷く落ち込んだ。

脱電化。脱大量消費。
スローな暮らしがしたい。
と思いつつ、
スローな暮らしは貧乏人にはできない贅沢なものなのか?
とも悩みつつ.....。

いやいや、そんなことない!
雑誌に載っているような絵に描いたようなスローライフではなく、
誰にでもできるスローライフがあるんじゃないかと思い直す。

ちょっと昔の生活に戻ればいいんじゃないかな?

....でも、パパさん達はモノを作ったり売ったりして仕事をしている。
だいたいがたくさんの人にたくさんのモノを買ってもらうための仕事。

そんなパパにエコロジーをこれみよがしに押し付けてしまうと、
遠まわしにパパさんの仕事をこきおろしてしまいかねない。

こどもを妻を養ってくれているパパ達の仕事も尊い。

矛盾しているのかもしれない。
でも、なるべく環境に負荷をかけない選択をしながら生活していければいいな。
めぐりめぐって、結局は自分たちに還ってくる問題だから。
パパも家庭でのスローライフを癒しに感じてくれればいいな。

だから、
王様の耳はロバの耳。
ちょっと遠慮がちに、ちょっと謙虚に、
マジメなことをおしゃべりしていきたいと思います。
| おしらせ | 15:32 | comments(0) | trackbacks(0) | このページを行き先登録